top of page

UP3D | IDS 2023は終了しました、次の目的地でお会いしましょう!



UP3D | IDS 2023(ケルン展示会)は成功裏に終了し、繁栄の100年を迎えました。この旅の間、世界は中国の成長を目撃し、グローバルな歯科産業はCloud Aテクノロジーの技術進歩と発展を目撃しました。今回は、65カ国以上から2,000以上の企業がドイツのケルンに集まり、デジタル歯科技術の最新の成果を世界の歯科産業に紹介しました!

このイベントでは、私たちは歯科領域の最新のデジタル技術応用を世界に披露するだけでなく、歯科専門家のための新しい、簡素化された、知的かつ効率的なシステムソリューションを提供しました。


「私たちは堅実に、一歩ずつ前進し続け、歯科のワークフロー全体をデジタル化することに取り組んでいます。一緒にUP3DがIDS 2023展示会での活躍するエキサイティングな瞬間を思い出しましょう。」


没入感と印象的なシステムアプリケーションの体験

 

UP3Dチェアサイドシステム


  • より包括的なデジタルワークフロー

UP600口腔内スキャナーを使用して、患者の歯科データを迅速に取得し、UPCADデザインとUPCAMフライス技術との組み合わせにより、補綴物の設計と製造のための包括的なデジタルワークフローが実現されます。デジタルプロセスにより、人為的なミスが減り、製造プロセスの精度が向上し、より正確で快適な補綴物が実現します。


UP600口腔内スキャナーを使用して、患者の歯科データを迅速に取得し、UPCADデザインとUPCAMフライス技術との組み合わせにより、補綴物の設計と製造のための包括的なデジタルワークフローが実現されます。デジタルプロセスにより、人為的なミスが減り、製造プロセスの精度が向上し、より精密で快適な補綴物が実現します。

  • より迅速な生産サイクル

デジタルシステムの導入により、従来の歯科補綴物製造における手作業工程を大幅に削減することができ、それにより全体的な生産サイクルが短縮されます。このアプローチにより、患者はより効率的な治療プロセスを享受するだけでなく、必要な診療回数も減少し、より快適な治療体験を提供することができます。


デジタルシステムの導入により、従来の歯科補綴物製造における手作業工程を大幅に削減することができ、それにより全体的な生産サイクルが短縮されます。このアプローチにより、患者はより効率的な治療プロセスを享受するだけでなく、必要な診療回数も減少し、患者にとってより快適な治療体験が提供されます。

  • より充実した患者体験

口腔データの正確性とリアルタイムフィードバックの向上により、治療プロセスが最適化され、診療時の患者の快適性が向上します。同時に、感染症の交差感染や発生を防ぐために、安全性と衛生対策の実施が重要です。これにより、治療プロセス中の患者の健康と安全が確保され、患者の総合的な体験と歯科診療への信頼が向上します。


UP3Dラボサイドシステム


  • 効率的な生産によるコスト削減

  • 医師、患者、技工士間のビジュアルコミュニケーション

  • オンラインバッチオーダーのリアルタイムモニタリング


鮮やかな活動の展示





Comments


bottom of page